セコマイラーのゆるっと生活

2017年陸マイラーデビュー。セコいポイント集めと、たまにクレカや旅行について綴っていきます。

ANAマイルで使える特典を調べてみたら、その多彩さに驚いた

先日、特典ビジネス航空券以外での特典を考えみました。
www.miwano.com

意外に数多くあるんだなぁと思ったので、もう少し詳しく調べることにしました。


ANAのサイトを見ると、沢山の特典が示されています。

改めてその他の特典を見てみます。
たくさんありすぎて、全てを取り上げることはできません。

ANAショッピングA- style

10,000マイル→10,000ポイントに交換して、ショッピングにつかえます。
現在、交換レートが20%UP!中です。3月末まで。

ANA Selection特典

ショッピングとは違い、マイルと交換。10,000マイル以上から交換可能です。
写真の中で気になったのはダイソンのヘアドライヤーと東京湾ナイトクルーズくらいです。

アマゾンで調べると45,000円から50,000円弱くらいでした。

【数量限定】マイナスイオンドライヤー 「Dyson Supersonic 2016年モデル」収納用ボックス付 1200W HD01JPDCIIF アイアン/フューシャ

ナイトクルーズは、これだとの特定はできませんでしたが、4,000円のプランが二人分かな。

ダイソンドライヤーは45,000マイル、東京湾ナイトクルーズは10,000マイルでの交換です。

ナイトクルーズは観光で行くなら自腹でも払う、むしろマイルではちょっともったいないかなと感じました。
ドライヤーは、自腹では買わないけど、ポイントが余っているならば交換してもいいかもしれません。
正直、興味がある品物です。


心惹かれるのはやはり旅行関係。

ANAで使えるサービス

  • ANA国内線機内Wi-Fiサービス
  • ANA 国際線超過手荷物料金
  • ANAシアター

旅行時にマイルで支払うことが出来ます。

国内線Wi-Fiサービスは4月から無料になり、マイルを使う必要が無くなります。便利になりますね。

超過手荷物料金は、個人的には必要ないかなぁ。

ANAシアターはよく知らないサービスです。
『機内や地上で楽しめる有料動画配信サービス』
なので、長時間のフライトには良さそうです。都度課金と月額プランがありますが、マイルで支払うことができるのは都度課金のみです。必要マイルはコンテンツ毎に変わります。

レンタカー

国内レンタカークーポン

10,000マイル→10,000円分のニッポンレンタカーで使えるクーポンに交換できます。

海外グローバルレンタカー

197国/地区 29,000地点の中から選べます。予約と支払いもネット上でできます。利用により、新たなマイルも貯めることが出来ます。
ハーツレンタカーも提携先にあるので、ハワイでも使えますね。

羽田空港ペットホテル利用クーポン

3日以上の旅行に行く時には、ペットをどうしよう。。。と考えませんか?
うちのお姫様は人が居なくても平気なたくましい子ですが、それでもこの子が来てから3日以上の旅行をしたことがありません。帰ると「一人おいて何処に行っていたのよ〜寂しかったよ〜」と言ってきます(妄想)
そんな可愛いペットを置いても行きたい旅行。ペットホテルに預けるのも一つの選択です。miwanoもペットホテルを探したことがあります。ところが、近くに猫を預けられるペットホテルはありませんでした。犬はOKなんですけど。
調べるうちに羽田空港のペットホテルもアリだと考えました。地元のペットホテルがあったとしても、メリットがあると考えました。
そのメリットとは最大2泊短くてすむということです。出発時間・到着時間によっては前泊・後泊もあり得ます。羽田空港で預けるなら、一緒に出て一緒に帰ることができます。家から離れることがストレスになる猫にとってもかなりのメリットです。

そのペットホテルの利用クーポン5,000円分二枚に10,000マイルで交換できます。

ホテル

ANAグローバルホテル

30,000軒のホテルが用意されています。
トップページに紹介されていたのは以下の通りです。

  • ホノルル-ハイアットリージェンシー ワイキキ
  • シャングリ・ラホテル 東京
  • シャングリ・ラホテル シンガポール

3万軒ですから、自分に合ったホテルが見つかります。高級なホテルだけでは無いようです。

ホテルクーポン

高級ホテルのクーポンに交換できます。
30,000マイルから。
miwanoの保有マイルは100,000を超えていますから、100,000マイルから交換できるホテルをピックアップしてみます。

  • ザ・ペニンシュラ東京エグゼクティブスイート(ルームサービス朝食付き)
  • ザ・ペニンシュラ香港 スーペリアスイート(食事なし)
  • シャングリ・ラホテル東京プレミアルーム (朝食2名付)
  • シャングリ・ラホテル ザシャードロンドンスーペリア シャード ルーム (朝食2名付)
  • シャングリ・ラホテルパリスーペリアルーム(食事なし)
  • セント レジス ホテル 大阪グランドデラックススイート(朝食付き)
  1. -KIZASHI THE SUITE (エグゼクティブスイート または KIZASHI THE SUITEルーム)2人宿泊。


足を踏み入れたこともない高級ホテルが並んでいます。しかも高そうな部屋です。

どれもクーポンに交換後、ホテルに予約をしなければいけません。またクーポンには期限があるので、確実に宿泊すると決めてから交換することになります。

どこにしても、自腹では泊まらないだろうホテルですが、1番気になるのは『KIZASHI THE SUITE』です。

調べてみたら京都祇園のデザイナーズホテルでした。

京都には所用で年に1回くらいは行きます。もちろん所用ですからお値段はグッと抑えたホテルか旅館になります。

その京都にこんなデザイナーズホテルがあるなんて知りませんでした。

たまにはこんな高級ホテルも良いかも。


宿泊予約サイトを調べれば実際のお値段がわかりますが、日にちによって設定されている値段が変わることもあります。ここは、公式ホームページで確認することにしました。

エグゼクティブスウィートルームが165,000円!

うーん、素晴らしいお値段です。ひと晩でこんなに支払ってもいいという人がこの世の中にはいるんだなぁ…

まとめ

いかがでしたでしょうか。

マイル利用は特典ビジネス、あるいはファーストとして使用するのが、価値としては1番高く使えますが、このような滅多にお目にかかることがないような、足を踏み入れることも無いような、高級ホテルに宿泊するもことできます。長期の旅行が無理なら、思い切ってこんな使い方を考えるのもマイルの有効活用だと思います。

実際にこれらのホテルに泊まるかどうかは、今のところ不明です。
でも、その気になればこんなホテルに私でも泊まることができるんだなぁ、と思うだけで、ちょびリッチな気分になってきました。

お立ち寄りいただきありがとうございます。